ごあいさつ

当法律事務所は、1972年、亡き近江福雄弁護士(司法修習18期)によって設立され、73年現住所地に移転、創設以来43年の歴史を有します。

近江福雄弁護士は、各方面で弁護士業務の拡張を図り、幾人もの後進弁護士を育成して、法律事務所の組織化を進め、弁護士会においても89年福岡県弁護士会会長を務め、翌90年日弁連副会長などの活動をする一方、福岡青年会議所理事長、福岡市教育委員長、その他学校法人の理事や多くの団体の役員を務めるなど、弁護士外業務に進出した先駆者のひとりでもありましたが、92年に亡くなりました(享年55歳)。

近江福雄弁護士が他界した後、残った弁護士が共同して事務所を引き継ぎ、近江福雄弁護士が開拓した業務を基盤に、さらにそれを拡張し、時代に即した総合的な法律事務所を目指し、現在に至っております。

当事務所は、多種、多分野に及ぶ企業法務を主たる業務とするものですが、それに留まらず、各構成弁護士はそれぞれに興味を持つ分野で、研鑽し、積極的に事件の受任も行なっております。